コラム

手帳が続かない理由って?原因を知って今年こそ手帳を使いきる

mone

こんにちは。
mone(@mone_creator)です。

今年こそ1年間手帳を使いきるぞ〜

と意気込んでみたは良いけど、3ヶ月もたたないうちに使わなくなってしまったことはありますか?

私はあります。

1月に手帳を買ったのに4月の手帳ラインナップをみて、新しい手帳を買ってしまったこともあります。

今回は、1年間手帳を使い続けたい人に向けて、手帳が続かない理由と手帳を1年間活用するためのポイントを紹介していきます。

この記事はこんな人にオススメ
  • 手帳をまずは1年間使い切りたい人
  • 手帳が続かない原因を知りたい人
  • 手帳を使う習慣を身につけたい人

YouTubeでも手帳が続くコツを紹介しています。
文章より動画で知りたい人は、こちらの動画をご覧ください。

手帳が続かない人の特徴と対策

今でこそ手帳が手放せない生活をしていますが、最初から上手に活用できていた訳ではありません。
それこそ、最初に購入した手帳は、3ヶ月で使わなくなりました。

ということで、まずは手帳が続かなかった原因を究明していきます。

手帳が続かない原因

  • 自分に合った手帳を使っていない
  • 毎日書かなければいけないと思っている
  • 何を書いて良いかわからない
  • そもそも手帳を持ち歩く習慣がついていない

自分に合った手帳を使っていない

1番は自分に合った手帳を使っていなかったことがあげられます。

初めて手帳を買った時

この手帳可愛い〜!!

と、中身を確認せずにデザインだけで決めていました。

それこそ、何月始まりなのか?どんなフォーマットなのか?も確認せずに。

今一度、自分に合った手帳がどんなものなのか確認してください。
大事なのは『始まり月』と『フォーマット』。

1年の区切りを何月に持ってくるのか。
自分が使いたいフォーマットはどんなものなのか。

自分に合った手帳を選ぶ確認ポイント

  • 始まり月は自分に合っているか
  • フォーマットは自分にとって使いやすいものか

ライフスタイルに合った始まり月

始まり月は主に1月・4月・9月の3つがあります。

自分の気持ちの切り替えを新年に持っていきたい人には、『1月始まり』がおすすめ。
学校や会社の予定を多く書く人にとっては、年度で区切る『4月始まり』がおすすめ。
留学や海外での生活の人は、『9月始まり』がおすすめ。

こんな風に、自分のライフスタイルに合った始まり月を選ぶことが手帳選びでは重要です。

私の場合フリーランスなので事業の区切りが12月。
そのため、1月始まりを使っています。

始まり月について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

手帳は何月始まりがいい? ライフスタイルに合わせた始まり月の選び方
手帳は何月始まりがいい? ライフスタイルに合わせた始まり月の選び方

自分の使い方に合ったフォーマット

手帳のフォーマットは大きく分けて3種類あります。

フォーマットの種類

  1. 1ヶ月を見開きでみれるマンスリータイプ
  2. 1週間を見開きでみれるウィークリータイプ
  3. 1日1ページのデイリータイプ

ほとんどの手帳にマンスリータイプはついていますね。
なので考えるのは『ウィークリータイプ』なのか『デイリータイプ』なのか……。

ウィークリータイプは、さらに『週間ブロック』『レフト式』『バーチカル』があります。

その日の予定やタスクを細かく管理したい人には『週間ブロック』がおすすめ。
右半分がフリースペースの『レフト式』は、自由にできる余白が欲しい人におすすめ。
1日の予定を時間で管理したい人は、『バーチカルタイプ』がおすすめ。
1日1ページしっかり書きたい人は、『デイリータイプ』がおすすめ。

こんな風に自分がどんな風に使いたいかを明確にしてから決めると、手帳が暮らしになじんできます。

私は1週間を見開きでみつつタスク管理をしたいので、週間タスク管理のリフィルを使っています。

そもそも何のフォーマットが自分に合っているかわからない。

という人は、まずはマンスリーカレンダーだけを徹底的に使って手帳を書くことに慣れながら、使いながらフォーマットを決めていくのがオススメです。

フォーマットが決まらないうちは、無印良品のマンスリーノートが必要最低限のページだけで使いやすいです。

毎日書かなければいけないと思っている

手帳が続かなかった頃の私は

毎日何か書かなきゃ!!

と漠然と思っていました。

書くスペースが用意されているのに何も書いていないなんて、「手帳買ったのに意味ないじゃん!!どうにかして空いたスペースを埋めなきゃ!!」と、躍起になっていました。

この考えで手帳を使うと、1日でも空いたスペースができてしまうと嫌になってしまって手帳が続きません。

本来手帳は、スケジュール管理に使うもの。

スペースを埋めるために手帳がある訳ではないとわかると、手帳を使うのが気楽になり1年間使えるようになりました。

1日1ページ手帳を書くのが好きな時期もありましたが波があります。
その波を楽しめるように、今ではページ数が決まった綴じ手帳ではなくシステム手帳を使ってバレットジャーナルを楽しんでいます。

『バレットジャーナル』とは? タスク管理に役立つ手帳術
『バレットジャーナル』とは? タスク管理に役立つ手帳術

何を書いて良いかわからない

そもそも手帳は自分だけがみるもの。
なんでも書いて良いんです。

日記でも良し、アイディア出しに使うも良し、スケジュール管理に使うも良し。

なんでも書いて良いからこそ悩む人もいるかと思います。
そんな方は、こちらのアイディア一覧を参考にしてみてください。

何を書いて良いかわからない時のアイディア

  • 一言日記
  • TO DOリスト
  • 好きな言葉や心にとめておきたい言葉
  • 読んだ本や観た映画の好きなセリフやフレーズ
  • 美味しかったお店の情報
  • 思い浮かんだアイディア
  • やりたいことリスト
  • 体調管理
  • 家計簿

……etc

私が毎日しているナイトルーティンはその日の行動記録!!
意外と特別なことは書いていないんです!!

そもそも手帳を持ち歩く習慣がついていない

手帳はスケジュールを書き入れたり忘れたくないことをその場でメモしたりと、情報が入った瞬間に開くことが多いです。

ですが手帳が続かない人は、書きたい瞬間に手元になく家に置きっぱなしになっていることが多いです。

後で書こうと思っても、何を書こうと思っていたか忘れます。
なので持ち歩く習慣がないと、手帳はなかなか続きません。

持ち運びに便利なサイズを選ぶのも手帳が続くポイントです。

私自身、フリーランスになって外での打ち合わせが増えました。
当時はほぼ日手帳のカズンを使っていたんですが、持ち歩くのが不便になりトラベラーズノートに変えました。

10年使っていた『ほぼ日手帳』を『トラベラーズノート』にした理由
10年使っていた『ほぼ日手帳』を『トラベラーズノート』にした理由

トラベラーズノートは2018年〜2020年の3年間愛用し、現在はIL BISONTELETSのシステム手帳を愛用しています。

手帳が続かない人に試してみて欲しい方法

手帳が続かない人に向けて、実際に私が手帳が続くようになるまでに行った方法を紹介します。

手帳が続かない人に試して欲しい方法

  1. まずはマンスリーを最大限に活用
  2. コンパクトな手帳から使って持ち歩くことに慣れる
  3. デイリータイプのフォーマットを避ける

マンスリータイプを最大限に活用する

まずは、スケジュール管理に慣れることから始めました。

フォーマットの中で1番1日のスペースが少ないマンスリーカレンダーを使い倒すことで、毎日手帳を開く習慣をつけていきます。

私は無印良品のマンスリーノートを使い倒しました。
マンスリーカレンダーとメモページだけのシンプルな作りなので、マンスリーカレンダーを使いながらどんなことを今後手帳に書いていきたいか、メモページで1人作戦会議をしていました。

小さい手帳を選んで持ち歩くことに慣れる

書きたい!!と思った時に手元にあることが大切なので、持ち歩けるサイズを選ぶのはとても大切です。

自分のお気に入りでよく使うカバンに収まるサイズを選ぶと、持ち歩ことが苦ではなくなります。

デイリータイプのフォーマットを避ける

1日1ページある手帳は上級者向けだと思って間違いありません。
書き慣れない人にとって1日1ページは、空白のページが出てきた途端に続けるのが苦しくなります。

さいごに

最近ではスケジュール管理をアプリでしている人も多くなりました。

もちろんデジタルも便利ですが、アナログにはアナログの『あたたかみ』という良さがあります。

思考の途中も残しておけたり、図を書き込むことだって、思い出の半券やチケットを貼って残すこともできます。

今年こそ1年間しっかり手帳を活用して時間管理上手になってみませんか?

-fin-

手帳時間に使えるリフィルがたくさん!!

nicottoオンラインショップ

暮らしを整えるためのスケジュール管理はもちろん、手帳時間を楽しくするnicottoオリジナルのリフィルを多数取り揃えています。
クリエイターさんとコラボしたスケジュールリフィルはnicottoだけ!!
厳選した文具も人気。

ABOUT ME
記事URLをコピーしました